食べすぎ(過食)の原因は○○不足?

名古屋市金山の加圧・ピラティススタジオ

ヨージック代表の藤田です。

 

本日のネタは、

 

「ドカ食い」

「食べすぎ」

「過食」

 

を何故してしまうのか?

 

です。

色んな言い方がありますがやってる事は同じですね。

 

これら食べすぎてしまう原因はなんなのだろうか?

 

そんな疑問があるアナタに今日のブログは書かさせて頂きます。

 

実は人がモノを強烈に食べたいと思うとき、

 

血糖値が急激に下がっていることはご存知でしょうか?

 

これは読んで字のごとく、

 

血の中にある糖質の値ですね。

 

つまり、

 

「甘いものが食べたい!」

 

というのが共通の欲求としてあります。

 

この強烈な甘いものへの欲求は、

 

得てしてストレスが原因だったりするのです。

 

と言うのも、

 

ストレスを感じると、人の中にあるビタミンCというのは凄い勢いで消費されていくのです。

 

これはストレスに対抗するために必要な反応なのですが、

 

このビタミンCという栄養素、

 

原始の時代から多くは果物の中に含まれるのが普通でした。

 

ビタミンC=果物=甘いもの

 

ここから導き出される結論が、

 

ビタミンC=甘いもの

 

という体内と脳内の暗黙の了解があるんですね。

 

現代に生きる我々はビタミンCというと酸っぱいイメージがありますが、

 

これはビタミンCの含有量が、

 

レモンだと100g中に100mg含まれるので、

 

計算し易いという理由でレモン○○個分!

 

というように使われるので、レモンのイメージがついてしまっただけなのです。

 

なので、

 

食べ過ぎてしまうアナタがまずしなければならないことは、

 

ビタミンCの補給?

 

違います。

 

ストレスの原因が何なのかを特定することと、

 

それを解決するのか?

 

それが不可能なのであれば、

 

自分がそのストレスをどう上手く受けとめるか?

 

または受け流すか?

 

ということを考えなければなりませんね☆

 

ダイエットもサッカー日本代表も、

 

テクニックよりもメンタルのトレーニングが大事なのです。

 

藤田